« 約6年ぶり | トップページ | 結局こうなる »

2011年4月23日 (土)

少し、昔の話をしようか

 それはまだ二十歳になる前の話。

 その島には対岸に原発が建っていて、晴れた日には良く見える。夜は其処だけが明るく見える。ぎりぎり20km圏内だろうか。
 海の向こうの原発を見ながら、いつもぼんやりと考えていた。

 もしあの原発に事故が起きたらどうなるだろう。

 まず島に人が住めなくなる。住めたとしても逃げられる人は逃げて元々過疎の島は人が居なくなるだろう。
 豚を連れて逃げる事は多分出来ないから、置き去りにするしかないだろう。
 それ以前に島から出られなくなるかもしれない。物資が来なければ人も動物も何もどうにもならない。
 何とか出来たとしても一週間くらい。何も無ければ豚を殺しに来る人もいるかも。

 成人もしていない田舎者の妄想が、今違う場所で現実に起こってる。

 どうしてこんな事になってしまったのかね。

 ついでの話になりますが、原子力発電協力料、とかの名目でうちは年間5000円貰ってたみたいです。詳しくは知りませんが。何せ未成年の頃の話だからね。

 ん、まあちょっと思い出したので書き記し。

4/24追記:20km圏内からは少しはみ出してるみたいです。でも正直あの線引きはほぼ意味が無いと思います。空にも海にも境界線なんて無いもの。

|

« 約6年ぶり | トップページ | 結局こうなる »

本日の空模様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87679/51474455

この記事へのトラックバック一覧です: 少し、昔の話をしようか:

« 約6年ぶり | トップページ | 結局こうなる »