« 金曜日は酔っ払いの日 | トップページ | 楽しい事だけ考えよう! »

2012年10月13日 (土)

空色のカケラ

 とはこのブログのタイトルですが、ちゃんと意味があったのです。

 以前ワタクシは「Plastic Heart Case」と言う個人サイトをやってまして、コンテンツごとに「○○のカケラ」と言うタイトルをつけておりました。
 で、日記は「空色のカケラ」だった訳です。
 個人サイト自体は2007年末に休止してそのままにしてありますが、日記のタイトルはそのまま名残として残ったのです。まあ変える必要性も感じなかったし。

 この「Plastic Heart Case」と言うのも、当時の自分の心境そのままだった訳で。

 何かの時に友人からいただいた、プラスティックの透明なハート型の入れ物がありまして、鬱真っ盛りだった当時のワタクシはそれを見て、「空っぽなのに壊れにくくて、自分みたいだ」と思ったのです。
 その当時は本当に日々そこに居るって事だけでも辛くて辛くて、いっそ何も感じなくなればいいのになーと真剣に考えてたものでした。
 訳解らんまま只管泣いたり滅茶苦茶に腕切ったり処方された薬を一気飲みしたりと、まあ今から考えれば良く無事だったなぁ(´・ω・`)と苦笑と共に思うのですが。

 まあね、この辺は鬱ってもんを経験したこと無い人には解らんと思います。と言うか、一緒くたに「うつ病」と診断されてる人でも症状なんて千差万別だから、解る部分と解らん部分とがあると思いますが。

 毎日会社行って仕事して、と言う所謂「普通」の生活をしている人から見たら、鬱ってのは怠けてるだけに見えると思います。
 でも、本人は怠けてる訳でも何でもなくて、ぼろぼろになっても只管戦っているのです。
 生きる為に。
 それは外側じゃなくて内側の戦いだから、端から見たらサボってる、怠けてるように見えるだけなのです。
 ともすればすぐに自分を殺そうとしてくる、多分「自我(エゴ)」ってものだと思うんだけど、そういう内側から湧き上がってくる気持ちとか感情を何とかしようとして、じたばたしてるのです。
 休みたくて休んでる訳じゃない。出来るものなら自分だって「普通」の生活がしたいのです。

 で、10年以上鬱と付き合ってて、近年やっとこさ理解したのですが。

 戦って打ち勝とうとするから、何時まで経っても治らないのですよ(´・ω・`)

 心療内科とか行くと、大体大量に薬を処方されます。一週間分の薬だけで5000円とかそんな頃もありましたっけね。
 で、ここで出される薬って言うのは無理矢理症状を抑えるだけのもの(とワタクシは解釈しております)なので、飲んだ時は良くても何時間か経てばまた元に戻ってしまうのですな。
 飲み続けてるうちに効果が弱くなって、じゃあもっと強い薬出しますねーと言う事の繰り返し。
 そんでもって副作用が酷いもんだから、一部の症状が抑えられても他の部分に出てきて全然楽になんてならない訳で。寧ろ抑えられてるだけだから益々酷くなる一方でしたな。

 言い方キツイですが、一般の精神科のお医者さんがやってくれる事と言うのは、「疲れて働けなくなった家畜に鞭を打って無理矢理動けるようにする」と言う事です。
 事実、本当に眠れなくて眠れなくてどうしようも無かったワタクシの不眠を治してくれたのは、薬に頼らない方法で診療をしている精神科医の先生でした。しかもたった一度、45分の診療で治ったのですから、それまで飲んでた大量の薬ってなんだったんだろうと思いましたよ。

 とと、何だか話が大分逸れてた(´・ω・`)
 えーっと、薬の話から飛んだのか。

 気持ちとか感情ってものは、内側からやってくるものです。鬱の時によく思ってた、「まともに働けないし、誰にも必要とされてないし、こんな自分はさっさと死んだ方がいい」とかって言う気持ちも、内側から起きてくるものです。
 それを外から薬とかで無理矢理抑え込んで、そんな気持ちに負けちゃ駄目だ!とか奮い立たせたって、内側から沸いてくるもんなんだから、勝てる訳ないんです。だってそれは自分が生み出してるもんだからね。
 自分が生み出したものと、必死になって戦い続ける。なんとまぁ(´・ω・`)無限ループですわ。

 哀しいも淋しいも空しいも死にたいも、自分が生み出してる、と解ったら、どうしてそう言う気持ちになるんだろう、と内側を覗いてみる。
 そうすると、自分の内側にその気持ちの原因となるものが、必ずどっかに落ちてるのです。
 自分の内側を見るって作業は、最初は全然上手く出来ないし、思い出したくも無いような嫌な気持ちを掘り起こしたりする時もあって、ホントにホントにシンドイ作業なのだけれど。
 でもそれをやらないと、いつまでも振り回されて、もっともっとシンドイ思いをする事になる。
 今やれば1時間くらいで済む掃除も、ほっといたらごみ屋敷になってたΣ(゚□゚)みたいなね。

 そんな感じで探して探して、原因が解って、なーんだそんな事だったのかー(´▽`)と笑って手放せばあら不思議。
 いつの間にかそんな気持ちは無くなってしまうのでした。
 綺麗さっぱり、とはすぐには行かなくて、今でも時々少しそんな気持ちになる事はありますが、以前のように長々と留まったりする事は無くなりました。そのうち思い出す事もなくなるんじゃないかなー。

 空っぽだなぁと思ってた「Plastic Heart Case」、今はもう空っぽじゃないね、と素直に思えるようになりました。

|

« 金曜日は酔っ払いの日 | トップページ | 楽しい事だけ考えよう! »

本日の空模様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87679/55878575

この記事へのトラックバック一覧です: 空色のカケラ:

« 金曜日は酔っ払いの日 | トップページ | 楽しい事だけ考えよう! »